Site Overlay

地域のビジョン 青木聡

安房地域部長

Vision

事業所に関わるすべての方々が「なぎ」=「穏やか」に生活を送ってもらいたい

青木 聡地域部長

現在、安房地域では高齢者の方への対応としてグループホーム(入所)・共用型認知症通所介護(通い)・訪問介護(ご自宅での支援)を、障がい者の方へは、グループホーム(入所)・共生型生活介護(ご自宅での支援)の事業を実施しております。

私たちは高齢者になっても、障害者になっても、寝たきりになっても地域の中で心穏やかに楽しく今を生き、最後まで地域の中で暮らすという事のお手伝いをしております。

様々な社会問題を抱える日本の中で、生きにくさ(障害であったり、老いであったり)に敏感になり困っている方がいるのであれば、私たちが共に考え生きにくさを共感し、サービスが法人にある・なしは別として、いつでも動く集団であり続け、時には私たち法人に事業の追加を伴うことであっても、いつでも社会貢献をしていくという思いをこれからも持ち、皆(職員・利用者・家族・地域)で、生きるということを楽しんでいきたいと考えております。

最後に、安房地域はすべての事業所に「なぎ」という事業所名を採用しております。
「なぎ」は穏やかという意味を持ち、この地域では広く使われております。そのことから、事業所に関わるすべての方々(高齢者の方、障害者の方、職員・家族・地域・・・などなど)が「なぎ」=「穏やか」に生活を送ってもらいたいという思い・願いが込められております。

「なぎ」の輪を今後も皆さんの協力を頂きながら広げていきます。

安房地域部長
青木 聡